どんな会社?

社長
社長

共同カイテックのホームページへようこそ!
「カイテック」って珍しい社名だと思いませんか?実は快適とテクノロジーの造語なんです。共同カイテック株式会社は、社名にカタカナを使っていますが、私たちのテクノロジー(技術)で世の中を快適にする製品を提供することを使命とした、1950年設立のメーカーなのです。
どんなことをしている会社かと言うと、具体的には3つの事業から成り立っています。

 まず1つ目は「バスダクト」というシステムです。バスダクトとは聞きなれない名称だと思いますが、産業を影から支える縁の下の力持ちといえる製品です。ビルや工場を人間の体に例えれば、バスダクトは「動脈」です。血液である電気を必要なところへ送り届ける大事な役割を担っています。バスダクトはケーブルや電線とは桁違いの数千アンペアもの電流を流すことができる一方で、電磁波の発生が少なかったり、火災や地震にも強く、世の中を快適にする次世代幹線といえるでしょう。

 2つ目の製品は「OAフロア」です。OAフロアはオフィスの床下に配線やコンセント類を収納する、いわゆる二重床システムです。OAフロア界のベストセラーでもある「ネットワークフロア」は世界初の置敷溝配線タイプで、ガタツキの発生がなく、最高の歩行感を実現しました。実際にオフィスで使っていただく方が快適になるためにこだわりぬいた製品です。専用の配線システムも多種用意しています。

写真  そして3つ目は「屋上緑化・壁面緑化」です。ご存じの通りヒートアイランド現象を緩和し、地球温暖化防止に一役買っています。スクエアターフシリーズは雨水の有効利用やCPUによる最適なかん水システムを備えているだけでなく、風にも強いので高層ビルの屋上にも施工することができます。都会のオアシスを増やし、地球を快適にする切り札です。

 私たちはこれまで独自の技術で独自の製品を開発し、独自のブランドで販売してきました。そしていずれの業界においてもトップかそれに準ずるシェアを獲得してきました。これからもこの基本的な方針は変えるつもりはありません。 更なる飛躍を求めて、製品の開発・改良をはじめとする新しいことへのチャレンジを続けていくつもりです。

学生のみなさんへ!
 共同カイテックでは2012年10月にスタートした5ヶ年中期ビジョン「CHALLENGE to 2017」の達成に向けて社員一丸となって突き進んでいます!
 わたしたちは長期的な視野に立って、持続できる成長により、100年企業を目指しています。今の世の中は大変なスピードで動いています。世の中の変化に対応し続けないと、あっという間に取り残されてしまいます。昨日までの成功体験に浮かれていてはいけません。積極的に新しいことにチャレンジしていくことこそが求められているのです。わたしはチャレンジしないけど無難に仕事をこなす人間より、失敗してもチャレンジする人間を評価します。なぜなら失敗の積み重ねは次の成功につながるからです。
 学生のみなさん!チャレンジしてますか?わたしたちは失敗を恐れない積極的でチャレンジングな人を求めています。誰にも負けないチャレンジングな経験とスピリットを持った人がいれば、是非会ってみたいですね。あと大事なことは明るくて、前向きであることですね。プラスのオーラを発している人の周りには自然とポジティブな人間が集まり、何事もうまくいきます。
 ...私はそんな人と一緒に仕事ができたらいいなと思っています。一緒に成長して100年企業を目指していける学生のみなさんと巡り合えることを楽しみにしています!
 最後に、世の中にはたくさんの企業があります。堂々と色々な企業を見ることができるのは今だけです。噂やネットの情報だけでなく、自分の目で確かめてください。長い付き合いになるのですから。共同カイテックにもみなさんが求めるモノがあるか見に来ていただけたら幸いです。人との出会い、企業との出会いは「縁」です。結果に一喜一憂せず、就活を楽しんでください。そして「縁」あって当社に入社されたら、一緒に「夢」を語りましょう!

代表取締役社長 吉田 建 (よしだ・たてる)