先輩・若手の声

一覧へもどる一覧へもどる

海外部門 overseas

海外職 平成21年入社 中村 久人

こんな仕事をしています!

共同カイテックの海外進出の一環として、マレーシアに合弁企業を設立し、責任者として現地に駐在し会社の立上げを行っています。
現地パートナー企業との条件交渉に始まり、現地赴任、会社設立、製造設備・販売体制の構築と、ゼロからこの新規事業に携わっています。
色々な部署の方々に助けて頂きながら、日本・マレーシア双方の協力体制を築き上げています。
言葉や文化の違いに戸惑いつつも、日々奮闘する毎日です。
責任も重大ですが、誰もやった事が無い仕事にチャレンジ出来るのがやりがいです。

今後の目標

海外市場において実績を上げ会社としてのブランドをしっかりと築き上げることです。
本格的な海外進出へのてこ入れはここ5年ほどかけて模索してきましたが、しっかりと結果に繋げるべき時期に来ています。
競合他社のひしめく中でどう会社として成長し実績を築いていくか、日々試行錯誤です!

学生時代から変わらず続けていること

週末の靴磨きです。靴は文字通り足元をいつも支えてくれている相棒です。
一週間の汚れを落とし、次週また頑張れるようコツコツと磨くこと。
意外とストレス解消にもなり、モチベーションを保つことにも一役買いますよ。

新入社員にアドバイス

共同カイテックの良いところは、若いうちから仕事を任せてくれるところです。
自分には少し荷が重い、という経験を多く積んだほうが早く社会人として成長する事が出来ます。
失敗を恐れず、いろんな事にどんどんチャレンジしてみて下さい。
いろいろと試すうちに、自分の力をより発揮できるチャンスが訪れるハズです。
頭で考え、行動に移し、結果を評価し、良い事を習慣化する。
当たり前な事の積み重ねが、結果的に一番の近道だったりしますよ。

これから就職活動に臨む学生の皆様へのアドバイス

これは持論ですが、運というものは「消費する」ものでは無く「身に纏う」ものだと思っています。
「幸運」「不運」という結果だけに左右されず、色んなことを経験する過程で身につける運というものを意識してみてください。
最終的に失敗だったとしても、「失敗という不運な結果」を「失敗を知れた幸運な経験」に変えることが出来るかどうかは、捉え方次第です。
そういう認識のもと何事にもチャレンジしている人は、面接などで話した際の雰囲気も違うものがあります。
まずは日々の「ちょっとした幸運」を意識して捉まえるところから始めてみるのも良いかもしれません。

一覧へもどる一覧へもどる