先輩・若手の声

一覧へもどる一覧へもどる

開発職 Development

開発職 平成28年入社 近藤 光

入社してから

現在入社2年目ですが、この2年間で色々と経験させてもらいました。研修では、製品を現場に納める段取り・方法、製品の材料の調達方法、工場での製品の製造方法について学び、技術開発部に本配属されてからは品質管理や製品の生産工場変更のための立ち上げに携わりました。今期からは製品開発や製品改良に取り組みます。今の技術開発部は少数精鋭のため、色々なことに携わる機会が多いです。好奇心旺盛な人には魅力的ですよ!

仕事をしていて良かったこと

研修中には製品を納める現場の下見で某テレビ局や建設中の建物の中に入りました。普段入れないところなので興奮しました。技術開発部では、外注先の工場や弊社の製品を置いて頂いている倉庫の方と接する機会が多く、そこの方々とお話をすると色々なことを教えてくださり勉強になります。また、これからのことになりますが、自分が設計したものが製品になって世に出ていくと思うとワクワクします。

社会人になって痛感したこと

仕事への取り組み方の甘さを痛感しました。日本には『察する』という文化があると思います。円滑なコミュニケーションを取る上では有効な手段ですが、仕事では気をつけたほうが良いかもしれません。『察する』には自分の憶測が入ってしまうため、仕事において確実な情報を正確に伝える、理解することができず、認識の違いによるあらゆるミスを招く可能性があります。学生生活の中でも、細かい情報までしっかりと聞いて理解する癖をつけておくと良いと思います。

学生時代にやっておくべきこと

社会人になると1~2週間の長い休みを取ることが厳しくなります。社会人になってから長い休みの大切さを改めて実感します。長い休みがないとできないようなことを存分に楽しんで下さい!

一覧へもどる一覧へもどる